フローリングの種類

フローリングにはたくさんの種類がある

一戸建てを建てるときには、内装についても1つ1つ考えていかなければなりません。

その中でも特に重要なのが、フローリングすなわち床材です。今や日本人のほとんどは、畳のある和室ではなく床のある洋室で生活しています。

最近では、和室が1部屋もないという家も珍しくありません。

リビング、キッチン、洗面所、子ども部屋など、家の至るところでフローリングをどうすべきかを考える必要があります。

家の内装でも、壁紙は簡単に張り替えが可能ですが、フローリングはめったに張り替えないのが普通です。

フローリングは、一度選んだらずっとそのままのことが多いですから、慎重に選ばなければならないのです。

フローリングは、素材や色からいろいろな種類に分かれます。

木材と言っても、オーク、メイプル、ブラックチェリーなど種類がたくさんあり、それぞれ性質も違います。

色についても、たとえば「茶色の床」と言っても薄いものから濃いものまで様々です。

フローリング フローリング フローリング

様々な加工方法のものがある

フローリングは、加工方法によって、プリントフローリング、複合フローリング、無垢フローリングといった種類にも分かれます。

プリントフローリングは一般的に普及しているもので、木目を機械で印刷したものになります。

プリントと言っても本物そっくりなこともあり、見た目にはわからないこともあります。複合フローリングは、合板の上に天然の木材を貼り付けたものになります。

複合フローリングは、貴重な木材を低コストで利用できるほか、床暖房にも対応しているため、人気となっています。

無垢フローリングは、近年注目度が高まっている天然素材です。

天然木の一枚板を使った無垢フローリングは、肌触りも良く、家の中にいながら森林浴をしているような落ち着きを与えてくれます。

ただし、無垢フローリングは値段が高かったり、使っているうちにそりが生じてきたりすることもありますから、メリットとデメリットをよく考えて選ぶ必要があります。