新築と建売

一戸建てを購入するならどんな形式がいい?

一戸建てを購入する場合、注文住宅として新築の一戸建てを建てる方法と、土地に建物が付いた建売住宅を購入する方法の大きく2つの方法があります。

注文住宅では土地を購入してから家を建てることになりますから、自分の好きな間取りで自由に家をつくることができます。

内装や外装のデザインについても、自分の好みにすることができます。

注文住宅なら、こんな家にしたい、あんな家にしたいという理想が実現します。しかし、注文住宅を建てるとなると、建売住宅を購入する場合に比べて、費用がかかってしまいます。

自分のわがままが実現する分、お金がかかってしまうことにもなるのです。

実際には、注文住宅を建てる場合にも施工会社に予算を伝えて予算内におさまるよう調整してもらうことになりますから、完全に理想どおりの家に仕上がらないこともあります。

それでも、やはり注文住宅には大きな魅力があります。

 

注文住宅

 

土地付きの建物を買う

建売住宅は、最初から建物ができている状態で購入するものになります。

購入する時点で未完成のものもありますが、間取りは既に決まっています。内装や外装についても軽微な変更しかできない場合が多く、設備なども選べないことがほとんどです。

つまり、建売住宅では100%自分の希望どおりの家に住むということは難しくなってしまいます。

けれど、建売住宅は一戸建てに比べて一般に割安になっています。ですから、もし希望にピッタリ合う建売住宅が見つかれば、一戸建てよりもお得感があることは言うまでもありません。

住宅を初めて購入する場合には、どんな家にしたらいいのかのイメージがわかない人も多いと思います。そういう人でも、既に出来上がっている建売住宅なら購入しやすいとも言えます。

注文住宅の場合には完成するまでに仮住まいが必要になることもありますが、建売住宅ならすぐに引越しできる場合がある点も魅力です。

また、地方都市では古い古民家をリフォームした住宅などがい移住を条件に実質無料に近い金額で購入できるケースもあります。子育てなどを考えると地方での住宅購入にも魅力は充分にあります。