2階建てと平屋

長く住むことを考えるとどちらがいいか

一戸建てを建てるときには、まずどんな家にするかという大まかな希望を決めるところから始めなければなりません。

たとえば、2階建てにするか平屋(1階建)にするかは、最初に考えなければならないポイントでしょう。

以前は、家を新築するときに平屋を選ぶ人はかなり少数派だったと思います。

子どもが独立した後に夫婦で住む場合などには平屋を選ぶ人もいましたが、たいていの人は2階建てを考えました。

特に、子育てファミリーは、子ども部屋を設けるためにも、2階建てにして部屋数を多くしたいと考えるのが普通です。

また、2階建てにすることで十分な収納スペースも確保することができます。限られた土地でそれなりの人数の家族で暮らすためには、2階建てや3階建てにしないと、プライベートな空間がなくて落ち着かないこともあります。

けれど、近年は一時期に比べて平屋が人気になってきており、若い世代でも平屋を選ぶ人が増えています。

特に地方では敷地面積が広いので平屋でゆったりとしたリビングが人気です。

平屋

平屋も人気になってきている

現代は高齢化社会になり、介護が必要なお年寄りが増えています。

一戸建ては長期間住むことを想定して建てるものですから、将来介護が必要になったときのことまで考えておくべきです。介護が必要になったなら、住宅をリフォームしなければならないこともあります。

2階建てと平屋では、平屋の方がバリアフリーにしやすいので、長く住むことを考えれば安心感があります。

また、介護が必要になる以前でも、やはり家事や育児の負担を考えると、階段の上り下りのない平屋の方が楽と言えます。こうしたことから、若い世代でも家を建てるなら平屋にしたいという人は珍しくないのです。

家を購入してもずっとそのままの状態で住み続けるということは難しく、リフォームや建て替えが必要になってきます。若いうちは2階建てに住み、老後に備えて平屋に建て替えるという選択肢もあります。

2階建てにするか平屋にするかは実例を聞くなどしながらよく考えて決めましょう。